視察

  • 2007/06/18(月) 07:54:09

コモロ諸島の農家がうちの任地に視察家に来た。
コモロ人25名、マダ人ガイド2名、案内役の農業普及協会の女性1名

9時にBEMASOANDRO市の役場に来るといっていたので、
分かりやすいように幹線道路のところで待っていたが、
マダ人の農業普及協会の女性は9時半に到着。

案内役が遅れてどうするの!!と思っていたが、
でも、コモロ人一行が来たのが結局10時半。

やはりコモロ人もマダ人同様時間が適当なのか。

普通、朝9時なら朝集まって直接視察先に来るはず。
なのにこんなに遅れるのか分からない。
きっと昨夜飲みすぎて起きれなかったのだろう。

さて、視察のほうは役場で挨拶を終えて、畑を巡回しながら
それぞれの農家が説明していくことになった。

農家の代表が、順番に畑を巡回していき、畑にいる農家が説明を
していくかたちである。

それぞれ、作り方に自身があるのか、これはこうやって作っている。
と、しっかり説明している。

そして、任地で従来のカリフラワーの作り方と日本式に改良した作り方の比較試験をしている農家は、これまでに見たこともないような演説振り。
相当、この試験にやる気をもってやっていることがわかり、
自分としてもうれしかったですね。

今回のように、他の産地からたまに視察がくるのだけど、
視察を受けることは、任地の農家が評価されていること、
それが、農家の自信につながっていることはいいことだと感じた。

しかし、今回コモロ人は体格がしっかりして、身なりはきれいな服、金属のアクセサリーをつけ、携帯電話で国際電話をしている様子(?)。
あっれ、この人たちわざわざマダガスカルまできて、視察ができる人たち。
ということは、けっこう金持ちなんでは・・・

しかもコモロ人の農業技術者に話をすると、ハウス栽培の資料をもっている。
もしかして、コモロではもっと進んだ技術があるのではと思った。

なのに、わざわざここに視察にくるのだと思ったが、コモロ人の農業技術者は熱心にメモを取って農家と話をしている。

ハウス栽培とかはないけど、このような任地でも学ぶことはある。他の産地を見て、自分の産地を比べることは必要なこと。


今回の視察でもう一つ気づいたのが、ほとんどの農家がコモロ人相手にフランス語ができないということだった。
普段はマダガスカル語で話しているし、自分のフランス語も怪しいので分からなかった。


マダ人に写真を

  • 2007/06/04(月) 20:18:51

畑で写真を撮っていたら、
農家の人も撮ってくれというので、
このさい、みんなで写ろうということで、
集合写真を。

自分も農家と一緒にとりたかったので、、
日本語を勉強している青年に撮影してもらったら。

結果は下の写真です。



↑これは、自分が撮影したもの




↑これは、マダ人青年が撮影したもの

枠がずれていることと
なぜ、同じカメラで、同じ時間帯なのに
明るさがこうも違うものなのか?疑問です。

カメラに慣れていないかも知れないが、
この青年、日本語を勉強して日本人向きのガイドをしたいそうである。
ガイドなら写真の撮影ぐらいきちんとできないとね。
特に日本人には。

  • 2007/06/02(土) 22:15:20

7androのコンポストの様子を見ていたら、
突然、頭に “ゴッツン!!”

イッテェーーーーーーーー!!

なにがあったのか分からない状態で、とりあえず、
頭から血が出ていないか確認。

血は出ていなかったが、でかいたんこぶが・・・

手のひらほど大きさで、角ばった石が落ちているのでは。
これがあたったと思うと、だんだん痛くなってきた。

ほんと誰がこんなことするんだよー と思い、
畑の上の丘のほうに向かって、「イーザー」(マダ語で誰だー)と叫けぶと、20歳ぐらいの青年が、「子供よ、子供」といって笑って答えた。
(マダ人は、たまに人の不幸を笑って喜ぶところがある。当事者はこれがむかつく)

そして、青年が5歳くらいの子供を連れてきたから、怒ってやろうと思ったら、
その子供は、ポッカーンとした顔。
なんで、連れてこられたか分からない様子で、やや不安げな顔。

そしたら、青年が、この子は、木にとまっていた鳥を取ろうと思って
石を投げ、それがたまたま自分の頭に当たったようである。

それで、その子は自分が投げたい石が当たったことも分かっていない様子。

青年が子供に説明してくれたが、子供に悪気があったわけでなく、不安げな顔を見ていると、怒るにも怒れなくなってしまった。

でも、むかつくわ!!
この怒りはどこへやっていいやら・・・・。