ムルンダバマラソン その1

  • 2007/07/29(日) 20:58:24

マラソン当日

スタートは、6時予定。
この時期は一番寒い時期だが、日中は30℃は超えるので、なるべく早い時間にスタートと言うことだったが、
そんな予定は、ここマダガスカルではあくまでも予定過ぎない。

ということで、朝は3時に起き。
3時半頃にホテルを出て、受付の青年の家に向かった。
当然こんな時間にタクシーも少なく、途中タクシーを拾っていこうという甘い考えでいたのが間違い。結局、ホテルから青年の家まで徒歩で行った。(最初の甘い考え)

タクシーベーというベンツ社の乗り合いバスで、スタート地点へ向かったが、これがまた遠い。ゴール地点までバスで30分。前日、写真を撮ったところからさらに42.195km先のスタート地点へ!!
道も悪く、約2時間。

しかも、自分たち日本人はすでに走る格好をしていたので、Tシャツに半ズボン。さすがに日中は暑いといっても、朝晩はやはり冷え込んだ。
それに付け加え、マダガスカルは寒くてもバスの窓を開けて走るのが普通で、バンバン風が入ってきて非常に寒かった。

ようやくスタート地点に。
一時間遅れで到着したけど、2台目のバスがさらに遅く、また待ちぼうけ。
結局2時間遅れでのスタート。
この2時間が大きいことに気づくのは、走っている途中。

天候は皮肉にも真っ青の空。
マラソンにとって最悪のコンディション。
昨日の雲はいったいどこに行ってしまったのか。

写真は、スタート前に参加者の確認


ムルンダバマラソン その2

  • 2007/07/29(日) 07:14:35

7時48分スタート。
参加者の8割はマダガスカル人。日本人6人、その他の外国人6人ぐらい。
やはり、地元のマダガスカル人はスタートしたとたん、すごい勢いで行ってしまい、あっという間に見えなくなってしまった。

そんなマダガスカル人の背中をみながら、あのペースで行ったら死んでしまうとおもいつつ、マイペースを心がけ10kmを一時間で走る計画。
1kmを6分ぐらい。
最初の4kmが26分ぐらいで約2分ぐらい送れて、ちょっとペースを落としすぎたのかなと思って、ちょっとスピードをアップ。
10kmを1時間1分30秒。
次の5km地点を1時間33分とあまりペースが落ちていなかった。

しかし、ここまで取った水分コップ2杯ぐらい。

それまで、給水ポイントがあったが、走っている途中なのでコップ一杯飲むのが精一杯で、3箇所の給水ポイントを簡単に通り過ぎてしまった。

今回のマラソンはアンタナナリボ市内で観光業をしている日本の人(以下、Rさん)にサポートをしてもらっていて、16km付近でRさんとあった。そのときは、意外にも順調に走っていてあまりつらくなかったので、「大丈夫!!大丈夫!!」と行って走ってしまった。
このときこのRさんに進められたように水分を十分に取っておけば、この後の展開がぜんぜん違っていた。

そのあと、少し気が抜けてしまったせいか、鳥肌と寒気とのどの渇きがして、しばらく気合でがんばって走ってたら、めまいも少し出始め、まっすく走れなくなったときには「マジやばい」と思った。
完全に暑さと水分不足だと思ったときには、すで遅し。
一度脱水になった体は結局最後まで復活することはなく、体を痛め続けてくれた。

さすがに、しばらく走るのをやめ、次の給水ポイントまでがんばろうとしてたが、これまで5km間隔で給水ポイントがあったので、次の20kmのところにあると思って走ったり、歩いたりしていたが、20km地点ではまったく、給水らしいものがなく、さらに日陰のない道が続いていた。
かなりショックだった。

結局21km付近に給水ポイントがあった。この1kmは、人生で一番長く感じた1kmであった。
 
 このポイントでコップ3杯、ペットボトル500ml1本、だいたい1Lの水を飲んだがまだまだ足りず、というか、水を飲んだら直ぐに復活するわけでもない。
 しかたないので、しばらく日陰に休憩をしていたら、他の女性隊員に追いつかれてしまって、復活しないけど、負けじと走った。
 でも、多分、彼女はいっしょに歩いてくれたようで、彼女が走っていたら先に行っていたと思うが・・・。

 しばらく、徒歩で進んでいたが、ちょっと走れそうだったから走ったら、100mもしないうちに足がつり始めて倒れて、立てなくなってしまった。イッテー! 自分で治せない状態に。
 ちょうど良いタイミングで救急車が来てくれた。そして乗っていたマダ人ドクターにかなり強引に足のつりを直してくれ、テーピングまでしてくれた。

 こんなつらいことは早く終わらせたいという気持ちがあり、走りたかったが、走り出すと足がつり始めそうだったので、ここからは走ることを断念し、ひたすら歩くことを決断。


↑ひたすらこんな道を走っていました。
 日差しがキツイ。

 この後は、給水ポイントにいたマダガスカル人スタッフも引き上げ、しかも、距離数の看板までも撤去されてしまって、残りの距離も分からず、給水ポイントもなくなり、不安もあり、しんどい思いだった。

その後のことは、あまり覚えていないし、思い出したくもない。

途中、旅行会社の日本人のRさんに、残り9kmと言われたときは、かなりショックだった。こんな状況を残り2時間も続けないといけないかと思うと・・・

残り9kmといわれてから、自分の中ではかなり歩いたと思っていたのに、次にRさんに会って、残り5kmと言われたとのショック。
残り3kmぐらいと思ってたのに・・・・。
この2kmの違いはかなり、気持ち的にかなり落とされた。

ゴールに近づくにつれて、道が森から少し木が少なくなり、
草原のような感じになり、
地元のマダガスカル人が少しずつ多くなってきた。

こちらは、疲れていたけどマダガスカル人に辛そうな姿を見せられるかと思って、元気でないけどマダ語で元気という意味の「SALAMA」を連発。
最初は、疲れているから話しかけないでと思っていたが、子供たちの話していると気がまぎれ良かった。

残り1kmもないよと言われたときは、ちょっと嬉しくなって、走り出したけど、やはり、足がつりそうだったので、最後も徒歩で行くことに。

ゴール!!!!!

7時間5分 これまで、先輩隊員が走ってきた時間の最低!!

長かった。辛かった。
よく、リタイヤしなかったとと思った。

事前の予想ではゴールしたときはもっと感激すると思っていたが、意外と感激がなかった。
ほんと、終わってよかった!!の気持ちだけであった。

他の隊員も次々とゴール。
href="http://10.dtiblog.com/t/takehikokawasaki/file/P1090833.jpg" target="_blank">

↑最後の隊員がゴールするころには、日も傾いていた。
 バオバブ並木がきれいだけど、バオバブを見てる余裕はなかった。

来年はもう日本に帰ってしまっているので、もう挑戦できないのが残念。ちょっと悔しい。こんな筈でなかったのに・・・。

今回のマラソンは、たしかに準備不足と考えが甘かった。
これまで、マラソンで10km以上走ったことがないものが、この過酷なマラソンに挑戦したことは、確かに無謀。準備も適当。考えが楽天的だったかも・・・

最後にマラソンに応援してくれたU隊員、旅行会社のRさんとドライバーの人。ありがとうございました。

そして、一緒に参加してくれたみんなありがとう。
スタートしてから途中一緒に走っていないけど、みんなが走っているから自分も完走できたと思うよ。
みんな良くがんばりました。おつかれさまでしたー

マラソン前日まで

  • 2007/07/27(金) 21:58:54

26日にアンタナナリボをレンタカーで、マラソンの開催地ムルンダバへと向かった。ほとんど遠足気分で最初のガソリンスタンドでは、カップ焼きそばが売っていたので、それに感動して、おみあげとか言って全て買いつくしてしまった。

アンタナナリボ市からムルンダバまで、車で18時間。
途中、ミアンドリバーツに一泊して、
疲れをためないようにムルンダバに向かった。
ミアンドリバーツからの道は、凸凹の道が続き、車も写真のようにホコリだらけ。



27日の朝7時半すぎごろにミアンドリバーツを出て、
ムルンダバから30km離れたところに、隊員が住んでいる村がある。
その村に到着したのは午後3時ごろだった。

27日(前日)は、やや雲があり日陰もあったが、普段1350m付近に住んでいる自分たちにとっては、暑かった。

今日これだけ雲があるのなら、明日も雲が出ると思っていた。
が・・・・

ムルンダバの青年の家で受付を済ませ、
明日のゴールとなるバオバブ並木道へ。

明日、このゴール地点でどんな思いをしているか
想像もせず、前日は夕焼けバオバブをカメラ撮影。


隊員総会

  • 2007/07/21(土) 18:18:02

14日から今日まで、隊員総会がありました。
通常は5日ほどなのだけど、今回は21日までと一週間と長い!!

総会といっても、事業計画や予算などがあるのではなく、
年2回、隊員が集まって活動がやりやすくするため、事務所と話をしたり、
情報交換をすることが目的です。

総会はマダガスカルの隊員全員が集まるから楽しかったのだけど、
ちょっと疲れた。
毎日飲みすぎ、
来週のマラソン大丈夫かな?

「ACTIVATEUR」

  • 2007/07/14(土) 20:08:29

今日は、「ACTIVATEUR」を使って
自然農薬の作成を実践。

農薬の原料は、草6種類
「ACTIVATEUR」 砂糖水、きれいな水。

草は、マダガスカルで生えている6種類の草や木の葉。
それを、細かく切り、細かく砕いて、あとは、他の原料を混ぜるだけ。

そのまま、15日間置いておいて、
アルコール、酢、「ACTIVATEUR」を混ぜ合わせて散布。

いろいろな虫に効果があるそうです。

写真は、草類を細かく砕いています。