柵づくり

  • 2007/08/28(火) 22:18:54

竹の棒で、柵を作っている農家を発見。
話を聞くと、子供がさらわれるから柵を作っているそうです。





最近というか、任地に来たときから子供を誘拐して、海外につれていくという話を聞いたことがある。
海外の子供のない家に行ったり、家事掃除などをさせられるとか・・・。

最初は、そんなんこと冗談か本当にまれであると思っていたが、
ホントか噂か分からない。

まぎれもない事実は、
うちの近くのマダ人たちはマジで警戒している。

子供たちも親からそのようなことを聞かされているのか、
小さい子供は、日本人の自分を見て、マジで泣く子供、とっとと逃げる子供多いよ。
それを楽しんでいるのが、僕ですが。

マダガスカルの子供と外国人が遊んでいると親が心配そうに見られるかもよ。勘違されないように!!

マダガスカル鉄道

  • 2007/08/26(日) 22:08:53

8月18日から26日まで
アンブシチャ、フィアラナンツア、マナカラの街に行ってきました。
今回の大きな目的の一つが、マダガスカルで現在唯一、客を乗せる汽車に

乗ること。

鉄道は、中央高地にあるフィアラナンツア(Fianarantsoa)からインド洋沿

いにある町マナカラ(Manakara)までの177km。

Fiaranantsoaの標高1200mからマナカラまでの海抜数メートルのとこ

ろまで続いていて、植物から動物、人まで変っていくところが面白かった


これを書き留めるには、なかなかブログでは伝えられないので、
いつかホームページに掲載できればと思っています。



↑ マナカラに到着

↑ 途中の駅で

鉄道のたびのホームページです↓。

http://www.geocities.jp/takehikokawasaki/tanana/madarail.html

ホームページトップ↓

http://www.geocities.jp/takehikokawasaki/index.html

ファマディハナ

  • 2007/08/18(土) 21:55:54

今日は、ホームステイしている家族の親戚でファマディハナがあるので、一緒に行きました。


マダガスカルの中央高地の部族では、火葬でないので燃やさなく、遺体を布で巻いてお墓にいれて置くのです。
ファマディハナは簡単に言うと、お墓に入っている遺体を取り出して、新しい布で包み、そして先祖と再開を祝して宴会をし、またお墓に入れるという儀式です。

そのお墓が写真のように石作りで作られ、立派なものです。



よくこのようなお墓を町の中や郊外で見たりしていたので、ちょっと中を見てみたかったので、今回見れるかもと思いつつ期待していたら、
お墓の入り口から写真とってもいいよ。といわれ、カシャ!カシャ!。
そしてちょっと40歳前後の人が、中に入っていいよと言われ、ドシドシとは入らず、横になっている先祖に遠慮気味でそーと入って行き、写真をカシャカシャ。

中はやや涼しく、ややかび臭いと言うのとはちょっと違っていたが、死体が入っているのが分かりそうな匂い。

お墓の中の構造は、正面、両サイドに二段式ベットのような棚ができており、そこに約30遺体ぐらい横になっていました。
想像より多くの遺体に囲まれ、ちょっと好奇心よりも、こんなところに外国人が入っていいのか、しかも写真を撮りまくり。

日本だったらバチが当たりそうな感じだけど・・・。


↑お墓の中の写真

今回のファマディハナは、お墓の中が先祖(遺体)で一杯になったので、新しいお墓を作ったそうです。
比較的若い遺体のおじさんとおばさんの二体をその新しいお墓に移すためのファマディハナでした。

まず、孫、ひ孫たちが遺体を担ぎ上げて運びます。この孫たちはおじさんの写真が入ったTシャツを着ています。
なんとおしゃれで、息のあった孫たち。さすが。



その後、遺体をおじさんたちが新しい布に巻いて、お祈りと宴会が始まりました。

ここでおかしいことが、新しい布を遺体に巻くのは、家族の人でなく、どこかのおじさんたち。
さすがに、数年もたっている遺体なので汚れもひどいし、匂いもあるが、やはり家族が新しい布を巻いてあげるのが、先祖をいたわるためにもやるべきでしょう。

たぶん、このおじさんたちはいくらかもらってやっているはず。


↑写真は、布を巻いているところ。

布を巻いたのはいいのだけど、結ぶ紐を用意していなくて、街まで買いに行ったところは、やはりマダガスカル人らしい。

この後は、お祈りと宴会。

自分たちは、親戚の人が宴会の場所を用意し忘れたので、ここで退散。
おそらく、朝まで踊ったことでしょう。

ブロッコリーの花

  • 2007/08/17(金) 19:45:58



この花は、ブロッコリーの花です。
実は、日本でもブロッコリーの花は見たことがなかったんです。

普通、花が咲く前に収穫するか、残しておいても害虫があるので直ぐに片

付けてしまいます。

F1品種(ハイブリット品種)なので、種が取れても品質は悪いのですが、
農家はいちおう種を取りたいらしいです。


ブロッコリー

  • 2007/08/16(木) 19:03:40

うちの産地は、カリフラワーが多く栽培されていますが、
これまで、ブロッコリーは、ほとんど栽培されていなかった。

作り方は、カリフラワーとほとんど変らないので作るにあたって、大きな

問題はない。

なぜ作らないかというと、
1)農家が、ブロッコリーそのものを知らない。
2)種が高い。
3)マダガスカル人はブロッコリーを食べない。

スーパーの値段は、
カリフラワー:1300Ar/kg(=86円)
ブロッコリー:3300Ar/kg(=220円)
市場の値段は、
カリフラワー:600〜800Ar/kg
ブロッコリー:販売していない。

それで、今年は、ブロッコリー奨励品目の一つにして、
スーパーに売りに行く計画だった。

で、今年の3、4月ごろから種屋に行ってブロッコリーの種を
探したが、なかなか見つからない。

しかも、すごく高い。
安くても1gで3500Ar(=233円)日本より高い。
普通1gで300粒ぐらいだが、実際は、150粒ぐらいしかなかった。
発芽率も60%ぐらい。

普段、ほとんどの野菜の種を自家採取している農家にとって、
これでは、なかなか手をだしにくいのはわかる。

今回は、一部をJICAの現地業務費から補助して、農家に無料で配った。

栽培は、カリフラワーと同じように栽培して、最近、収穫間近になった。


写真↑立派なブロッコリーでしょ?

発芽率が悪かったのはあったが、生育は順調。

今年の作付けは、1a(アール)ぐらいと少なかった。
農家は、興味は示す農家はあるものの、
知らないものに手を出すのは、抵抗があった。
今回は、多くの農家に少しずつ栽培してもらった。



マダガスカルの農家も、新しいものに挑戦することや
変ったことをやっていくということは、なかなかしない。
保守的でもあるし、生活がかかっているのもある。

それでは、なかなか進歩が遅い。
この変を少しずつ変えていくことが、自分の仕事のひとつであると
ブロッコリーを推進して思った