選挙

  • 2007/11/28(水) 22:41:15

マダガスカルでは、昨日からから全国一斉市長選挙が始まりました。
投票は12月12日。

当日は祝日になるのがちょっと嬉しい。

昨年の12月の大統領選挙。
6月(?)フクターニ(一番小さな自治:村)
9月には、国会議員選挙
そして、今年の12月12日は市長選挙!!

この一年で4回も選挙が実施されるている。
まさしく選挙選挙の年ですよ。

前回の国会議員選挙は、大統領が所属している政党TIM(Tiako i Madagascar)が、圧倒的に議席を確保して勝利したけど、投票率はかなり低かった様子。

そりゃそうよ。
日本でも一年に4回も選挙があったら、
また選挙!!って感じで、嫌になるね。

でも、今回の選挙は、自分にとって一番重要。

BEMASOANDRO市の農業発展について活動しているので、
今の市長が変れば、意見も変る。
これまでのつながりも最初からやらないといけない。

そして、なにより重要なことが、
今ホームステイしているのは、現市長の家。

もし、今の市長が落選したら・・・

ヤベェ〜!

さすがに家を直ぐに出て行けとは言わないような気がするが、
やはり、今までどおりホームステイを続けにくいだろうな。

お昼ごはんとか夜ご飯とかの会話どうなるの?
いままで、食事もいっしょに食べているし、
話している内容も半分は、農業のこと。

いまの市長は、医者なので農業に詳しいわけでもないし、
興味もあるわけでない。

ヤベェ〜!

新しい市長との関係は?

新市長体制になって、前市長のところにホームステイしたままでは、
ちょっと、関係を築きにくいのでは・・・。

あ〜、考えるとめんどくさいことが多い!!

あと、半年ほどなのに、引越しするのも面倒だし、
家具とかもそろえなおすのもね〜。


今は、選挙活動(プロパガンダ)には参加できないが、
ひそかに現市長に当選してもらうことを祈るしかない。


次回は、マダガスカルの選挙について書きますよ。

一週間前

  • 2007/11/27(火) 22:52:30

先日11月20日の誕生日で33歳になった。

33歳になったところで、なにも変らないような感じです。
なにかを決心することもなく、特に年をとったとも思わなく。

ただ、30歳のときに協力隊を行くことを決心して、
いま、その協力隊になって、
そして、残りあと7ヶ月。

もう一度、青年海外協力隊になった意義ってなに?って考えたくなりました。

自己改革、援助、海外生活、意識改革(自己とマダ人の両方)、コミニケーション力、国際協力、地方自治の国際協力、架け橋、視野拡大、社会貢献、異端児、経験を試す、わがまま、帰国後の活動・・・。

なかには、エェーー!?みたいなことも書いてあるけど、

あんまり考えすぎると、頭が熱くなるので

結論をいうと、
残りの任期マダガスカルで楽しく過ごす!!

やっぱりこれしかない!!

仕事もうまくいかなければ、楽しくない。
私生活がうまくいかなければ、楽しくない。


話はちょっと変わって。

33歳の誕生日は、隊員が私のためにタナ(首都)に上がってきてくれ、誕生フェティ(パーティ)を開催してくれました。
普段見慣れない、ドレスを着た隊員にびっくり。
ありがとう!!

隊員がタナ(首都)に上がってきたのは、たまたま、中間語学研修と最終報告、中間報告があったからなんだけど・・・。

食品加工 第五弾!! マンゴージャム

  • 2007/11/17(土) 01:00:29

もち
しょうがの甘酢漬け
せんべい
たくわん

そして、食品加工第五弾。
マンゴージャムに挑戦。

これまでの食品加工は、あまりマダガスカル人には
受け入れられなかったというのが事実。

いま作っているたくわんもおそらく、マダ人は食さないと思う。

そんなもの作っても、自己満足に過ぎずということで、
今回は、実用化に向けての挑戦。
ということで、瓶の消毒もしっかりと。

☆材料☆
マンゴー  3kg 2000Ar(125円)
砂糖   300g  360Ar( 23円)
ハチミツ  50g   50Ar(  3円)
瓶      3個  600Ar( 38円)

・マンゴーは固めのものより、やややわらかめのものを選ぶ。



・今回ハチミツは入れたものの、色がやや黒くなるため入れなくても良い。
・砂糖は、通常ジャムを作るときは、35〜45%ぐらいだが、甘め控えめで作ったのと、マンゴーの皮と種をとたっら重量が3/5ぐらいになったので、300gでも良かった。
・瓶は、入れ口が大きいものの方が、入れやすい。
 大きさは500gが入るまでのものが良い。大きいと蓋を開けてからは、カビが生えるため早く消費する必要がある。

☆道具☆
ナベ  2つ
ボール 1つ
ナイフ 
加熱道具 2つ(ガス台または七輪) 炭(200Ar)
木へら 1つ

☆作り方☆
?マンゴーの皮と種を取る。
?マンゴーが大きな塊である場合は、適当な大きさに切る。
?砂糖とマンゴーを混ぜ合わせる。
?最初は強火で煮込み、沸騰したら中火で煮込みながら、
 焦がさないように、木のへらで1時間から2時間混ぜる。
a href="http://10.dtiblog.com/t/takehikokawasaki/file/P1120532.jpg" target="_blank">

?熱湯消毒した瓶に、出来上がったジャムを熱いうちに入れます。
?ふたを軽く開けておいて、瓶ごとなべに入れ(割れないように注意)、加熱します。
?十分に熱が通ったところで、ナベから瓶を取り出し蓋をぎゅっと締めます。(脱気殺菌:蓋とジャムの間にある空気を減らす)
?蓋を閉めた瓶を、逆さまにして20〜30分置いておきます。
 (ジャムに熱があるうちに、蓋の裏などの瓶に残っている菌を殺す)
<



?冷水で冷却して、保存。

瓶の消毒は、ナベに水を入れて沸騰させ、瓶とふたを入れ、熱湯殺菌します。
?のところでの消毒は、蒸気消毒を使うのが良いのですが、そのなもはマダガスカルにはないので、ナベでやりました。

 出来上がりは、約1.3kgできました。


自分で言うのもなんだけど、味は、最高にうまい。
あまり、甘すぎなかったのが良かったとおもう。

さあ、これがいくらで売れるか?

経費 
 材料代    3210Ar
 人件費 半日 2000Ar

3瓶で10000Ar以上で売りたい。

ダイコン、漬物食いたいとおもって

  • 2007/11/14(水) 21:55:17

NAVE(ナベ)マダガスカル語 
Le radis japonais フランス語

マダガスカル語でNAVEは、蕪のこともいいます。
要するに、蕪とダイコンの区別がわかっていなかったのです。

任地でダイコンが取れたけど、
すが入っているので味的には良くない。
というか、栽培時期が遅かったのと取り遅れ。

原因は、任地のマダガスカル人は大根を食べないこと。
この大根は、葉っぱも根っこも牛の餌にすること。
だから、ダイコンの収穫時期もわからなった。

それと、指導力不足。

食用の大根もあるけど、日本の大根のように細長いもの、
だれかの足のような、太長くない。

決して「だれ」とはあなたのことではありません。
あしからず。



↑写真の左側が、こちらで売られている大根。
ちょっとかわいい。

ただ、最近は中国人向けの販売で、所得を向上させるのが
手っ取り早いので、その一環として大根を作った。

今回、作った大根を少しもらって、大根おろしにしたり、
煮付けも作ったりした。

おろしは、辛い!!
煮付けは、すが入っているのでやや口さわりがわるい。
が、おいしい。
   ↑日本の大根に比べたらダメ!!
    大根に飢えている日本人だから。

次は、漬物!!

一週間前に取ってきた大根を干して、
今日、米ぬか、塩、砂糖をまぜて漬けました。
2週間後ぐらいには出来上がっていると思う。

あ〜たのしみ。
きっとマダ人は食わんだろうな。


ちょっと、赤っぽいけど電気の下だったんで。

家作り

  • 2007/11/12(月) 21:59:05

首都から近い任地BEMASOANDRO市は、統計的なことは分からないが、人口の増加率も高いと思う。

人口が増えると、当然、家が必要になってくる。この辺の普通の家では、10畳ぐらいの部屋と2畳ぐらいキッチンのところに、大人2人、子供3〜5人が一緒に住んでいる。
もっと小さい家もあり、8畳ぐらいのところにキッチンと普通の部屋を2つに分けて、大人二人と子供6人が過ごしているところもある。

そして、不思議なことが、ほとんどの家族が核家族。
おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に暮らしているところが
ほとんどない。

どうも聞いてみると、結婚したら別のところに住むのが普通らしい。

親の世話は、親が悪くなったらいっしょに住むと言っているけど、実際は良くわからない。

それにしても、結婚したら別に住むと言うことだから、家が必要にってくる。

そういうこともあってか、うちの畑の近くでは、家の建設ラッシュ!!

こちらの家はブリキ(レンガ)作りがほとんどで、畑の近くでブリキも作っている。


↑ねんどを型に入れて、レンガを作っている。

そして、よく行っている農家も家作り。



まだ、息子が彼女もいないけど将来結婚したらいっしょに住む家を作っている。
ちょっと、気が早いんじゃない!!