Red Zone

  • 2009/02/10(火) 16:57:10

先週土曜日にマダガスカルで虐殺が起きた場所付近の写真です。




この写真は、約2年前の11月ごろに撮影したもので、
青い空のしたで、ジャカランダがきれいに咲きそろっていました。


しかし、先週の土曜日に起きた事件のことで、
「RED ZONE」と呼ばれるようになった。

写真中央の道をまっすぐ行くと大統領府があり、
そこに向かったデモ隊が打たれた場所です。


ジャカランダの花は、マダガスカルでいう「桜」のようなもの。
ことしの10月から11月には、またジャカランダの花が咲き、
紫のはなびらが落ちて道にじゅうたんが敷かれる。

そのときには、この場所を「RED ZONE」と
呼ばれなくなっていれば良いのですが。


マダガスカルでの事件について

  • 2009/02/08(日) 16:56:13

1月下旬から始まった大統領の不信によるデモが
一時期落ち着いた様子だったのですが、
昨日の土曜日に再度死者が30人ほど出たという
ニュースが出ていました。

昨日は、大統領宮殿に向かってデモ隊が向かっていったときに
大統領の警備員が発砲したもようです。

インターネットでは、ショッキングな映像も見られるので
数名が血を出して倒れている様子の写真を見て、
よく使っていた銀行の近くで非常にショックでした。

また、日本人の方が経営している会社の近くだったので
心配です。


現地にいないのでよくわからないですが、
ネットで状況と2年間首都付近で住んでいた経験から
いろいとと想像してみるといくつか思うことが
あるので少し書いておきます。


まずは、ネットの情報で写真を見ていると
犠牲になった人たちが、本当にデモ隊の中心メンバーなのか
疑問に思います。
おそらく主要メンバーは危険をともなうので
デモ隊に参加していないはず。
というのも、倒れているひとの服装、格好などを見ていると
一般の人だと思える。


また、犠牲にあった方が一般の方ということは、
鉄砲などをもっていない一般人に大統領の警備員は
発砲を行ったということ。
30人も死亡させたということは、
まさに虐殺させたということではないかと思う。

他の国でもデモはあるが、放水、煙弾などで
デモ隊を退けることがあったり、警告のため
上空に発砲することが多いはず。

しかし、写真では、デモ隊の逃げるときに落とした
帽子、靴などをみて警告の発砲もなく、最初から人に
向けて発砲したと考えられます。

ありえない。
このことは、マダガスカル人は
どのように思っているのか?


今回は、現職の大統領の不満から始まり
首都アンタナナリボ市長との喧嘩のようなものと
感じています。

大統領の不満は2期目に当選してから
約一年間でいろいろな選挙が行われ、
2007年の12月では全国の市長選挙が行われたました。
そのときには、もうすでに現職の大統領への不満が
出始めたと自分は感じていました。

現に、自分の任地の市長も大統領と
同じ政党(自分のホームステイ先の旦那)でありながら
落選し、
首都アンタナナリボの市長も反大統領政党のRajoelina氏が
当選しました。

ただ、全国的には大統領政党が多くを占めていたので
不満を言うところがなく、そのタイミングもなかったのでしょう。

それが、大統領の独裁的な行動や市長の思惑が重なったのが
昨年末。そして、1月26日に暴動が勃発した感じです。


犠牲にあったのは一般市民。


はたして、この状況が終わるのはいつになることだろうか?

早く解決することは、大統領が強制的に市長だったRajoelina氏を
押さえることだと思うが、大統領への不満も高まる一方でもある。

まだまだ、さきのことに思えて仕方ない。



注)今回は、自分の想像的なものが入っているので事実とは違う
可能性があります。

マダガスカルの状況

  • 2009/01/29(木) 21:12:38

今日は、マダガスカル人の友達やカウンターパートナーなどに
電話して安否などを聞いてみた。

首都のとなり町なので、いろいろと被害があるかと思ったが、
落ち着いていて、意外とのんきそうな感じでした。


そのなかで庶民の生活状況を聞き取りました。

○油がない。
 油は、ガソリンのことか食用油のことかはっきりと
わからなかったのだが、ガソリンも高騰しており
一ヶ月前までは 2500Ar/L(166円ぐらい)だったのが
4000Ar/L(266円)になったようです。

日本のガソリンよりかなり高くなっていて、マダガスカル人の
生活ではとても高すぎて買えないです。

その影響もあり、市内を動いているバスはストップ!!

首都と地方、地方から地方へつなぐバスもストップか
減便しているみたいです。


○泥棒がおおい。
首都では、略奪などがあったようで、
それに便乗して一部地方でも泥棒が多くなっているようである。
自分の任地だったベマスアンドルでは大丈夫だと言っていたが、
もともと犯罪者が隠れ場として使われていたという噂もあった
だけに心配だ。


○米が高くなった。
市内の大型スーパーや中国人街のお店も略奪にあって食料品などが
高騰しているそうです。

そのため、地方から買い付けに首都に来ている人も、
食料品、衣料品などが買えつけなく全体に物価が上がっているそうです。

○夜間の外出禁止
夜の9時から朝の4時半まで外出禁止。
道に警察官が見張っているということです。
夜だけでもなく、この暴動で仕事がないので
外にでることもしないそうです。


○死者
マダガスカル人の友達によれば、死者は147人になったようです。
おそらく、まだまだ増えていくことでしょう。


○日本の建設関係者の被害
この情報は、デモのまえの話ですが、
最近、韓国の企業がマダガスカルの全耕地の半分をリースして
トウモロコシを作付けするというニュースがありました。

その韓国企業の名前が「ダイオ」

そして、マダガスカルで活躍している日本の企業が
マダガスカル人が読むと、「ダイオ」と読んでしまうので
韓国企業に抗議をしようとしたマダガスカル人が
間違って日本の企業のところに押し寄せたそうです。

しかし、日本の企業の方が、きちんと説明して
なにもなかったそうです。
よかったです


当面は、マダガスカルの現状は非常に不安定なので、
日本人やその他外国の方
また、マダガスカル人にとっても厳しい状態が続くので
早く安定のほうに進んでほしいです。

また、情報が入れば書き込みます。

マダガスカルの現状 映像

  • 2009/01/29(木) 19:15:06

映像関係のページです。

http://jp.youtube.com/watch?v=1gqqpKetQzo

http://jp.youtube.com/watch?v=53eCAvb2r_I

http://jp.youtube.com/watch?v=wLS0ZW8LZpU

マダガスカルのデモ

  • 2009/01/28(水) 16:11:46

久しぶりのブログ更新です。
更新を楽しみにしていた人は少ないと思いますが、
すみませんでした。

内容も楽しいものでないのも残念ですが。

マダガスカルでダーツをしていたアメリカ人(だったかな?)の知り合いの
Yapさんからメールが来てびっくりしました。

Yapさん添付していた写真はこちらです。
 注意)Yapさんの写真なので転用はご遠慮ください。


このスーパーは、大統領の経営しているもので、
放火されたようです。
スーパーの名前は「MAGRO」マグロ



こちらは、日本人も良く利用しているスーパーJUMBOの隣にある
ショッピングモール。
ここには、マダガスカルでは高級品のお店がならぶところ。

この写真をみて、よく行っていたところだけにかなりの衝撃をうけました。


ネットで詳細を調べてみると
マダガスカルの首都アンタナナリボでは、1月26日から28日にかけて
ラバルマナナ大統領の退陣を求める数万人規模の抗議行動が
おきたそうです。

死者も40人を超え、大統領の会社の店などが放火されたそうです。
詳しくはこちら↓

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2564845/3731979

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/africa/7855638.stm

http://english.aljazeera.net/news/africa/2009/01/200912719584968204.html

大統領の噂は、あまり良くないとは聞いていたものの
ここまでの暴動になるとは思いませんでした。

首都の店などでも略奪などもあるので
マダガスカルの隊員や日本人の知り合いの方の
安否が心配です。

これから、この暴動が落ち着いて、
解決の方向に向かうことを願います。